SR400の新旧違いは何なの?インプレは?

ネオクラシックなバイクとして人気なのが、

SR400ですね、かなりのロングセラーモデルで、

しかもいまだに、キック始動しかないなんて、

とても、頑固で硬派な感じがします、

しかし、最近では、エンジンが単機筒で重量が軽いため、

女性バイカラーにも人気のようですね、

たしか、女優の柴咲コウさんがドラマで乗ったりしていて、

女性からも人気があるモデルのようです。

実際には、

2018年式のSR400は何が違うのでしょうか?

んーと、今回はいろいろ調べてみました。

まずは、外見、

んーと、これまでのSRとは少しカラーが違うような、、、

これまでとちがって、メーターの中が白くなって

ちょっとだけ、かっこいい

マフラーの中が少し太くなったってよ、、、

それに、

エンジンが排ガス規制に対応しているんだって、

なんだ、

正直いって、価格は2万円くらい高くなって、

なんだか、ちょっとガッカリな感じです~

SRって難しいよね、あんまり変わっちゃうと

がっかりするし、

また、変わらなくてもガッカリな感じするし、、、

YAMAHAさん

でもちょっとまって、発見しちゃいました。

それは、

SRの違いは何?

それは、

エンジン出力のトルクが、、、、

低いエンジンの回転数でもバッチリ出ているんです。

しかも、2500回転も低い所で、

ちょっとYAMAHAさん、これ、狙っているでしょう、、、

低回転、高トルクって、どうなの?

これは、運転したら、かなりの違いを感じるはずです、、、きっと、、、

それは、より、低い回転域でもパワーを感じて、乗りやすいって、事ですよね、、、

それって、単気筒エンジンが、より単機筒らしくなったって感じだよね、

この雰囲気、さすが、YAMAHAさん、わかってらっしゃる、、、

単機筒の乗り味が好きな、ネオクラシックのバイク乗りなら、

一度は運転してみたいって感じますよね、

ずるいYAMAHAさん

じゃんじゃん

そういえば、ホワイトベースの二宮さんが、SRについて熱く語っていますね、

二宮さんの動画を見ていると、SRが欲しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です