[ヤマハ・コミュニケーションプラザ]行ってきた!どうなの?

先日、前々から気になっていた、

ヤマハのコミュニケーションプラザに行ってみたくて、

いろいろ、ネットで調べていましたが、

どうやら、なんとか自分の住んでいる地域から日帰りで、

行けそうなので、行ってみました。

それで、どうだったの??

ヤマハ・コミュニケーションプラザはどうなの?

東名高速道路の磐田インターから車で、10分くらいの所にあります。

ナビで設定すれば、スムーズに到着できますね。

大きな駐車場があって、無料で駐車できるのですが、

本社ビルや工場も隣接しているため、始めて行くと、

どれが、目的のコミュニケーションプラザなのか、まったく分かりません。

そこで、感をたよりに、

(おそらく、一般の人が見学に来れるビルとかって、少しオシャレで、

開放的な感じかなとおもって、道路を渡って曲線のあるオシャレなビルを目指しました。)

 

やはり、正解でしたね。

一階と2階が展示場で、3階がレストランになっています。

まず、入ってみて、最初にドーンと

R6です。スゴイ、スゴイ角度で、展示されています。

いかにも、最新のバイクですね。

これ、一度は乗ってみたいな~

続いてはこれ、

おー、懐かしのレーシングバイクです。

なんか、この薄い水色って懐かしい感じがしますね。

 

そして、速そうなバイク

おー、活躍しているレーシングバイクですかね、、、

近くで見てると迫力満点です。

 

古いバイクの展示

こちらは、また珍しい、古いレーシングバイクですかね

そして、

年代物のバイクです、

ビジネスモデルなのか、それとも、

当時の普通スポーツバイクなのかは

よく分かりませんが、見ごたえバッチリですね。

 

TOYOTA 2000GTがあった

おっと、忘れていけないのが、

TOYOTA 2000GT  です。

感動、本物を始めてみました。

70年代当時、日本が制作したスーパーカーですよね。

おー、なぜ、TOYOTAの車が飾られてるかって?

それは、トヨタとヤマハの共同開発だったんですよね。

エンジンはヤマハ制なんですよね。

オースゴイ、日本のものづくりの進化と歴史を感じますね。

感想はどうだったの?

とても、見ごたえありました、

バイクやエンジンが好きな方はとっても面白いですよ。

バイクは本当にいろいろな種類、そして、

かなり、古い物もあります。

それに、少数ですが、またがって触れるバイクも展示しています。

そればかりか、ヤマハは、船やジェットも作っているんですよね。

船も飾ってあって、じっくり見学できます。

それに、ヤマハの往年のレーシングバイクも飾ってあって、

メチャメチャ楽しかったな、

みんなで、いこう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA