ヤマハがSR400生産終了って?本当なのでしょうか?

さまざまなバイクを世に発売してきた、

ヤマハですが、SR400などの、数々の名車を

生産終了との事ですが、本当なのでしょうか?

調べてみたところ、

どうやら、本当に、製造を中止するバイクがあるようですね。

 

SR400

セロー250

ドラッグスター400

ドラッグスタークラシック400

トリッカー

マグザム

VOX デラックス

アクシス トリート

BW’S

SR400だけでなく

ドラッグスターなどの車種も生産終了のようですね。

 

悲しい、悲しすぎる、、、

オフ車全滅だし、、

 

なぜ、こんなにも、たくさんのバイクが生産終了になってしまうのでしょうか?

どうやら、新しい排ガス規制の影響が強いようですね。

きちんとした、技術がある日本ですから、

やろうと思えば出来るとおもうんですよね、

ただ、それには、コストがかかるようなので、

そのコストを上乗せしての販売は、

かなり一般の消費者には、受け入れられない価格になってしまうようです。

それで、生産終了を選択せざる得なかったんですね、

悲しい、、

 

まさか、SR400が、あの名車だけは、YAMAHAは、

なにがあっても、SR400だけは、守ると思っていたのに、

何ていうか、いさぎよすぎる、

それが、経済ってもんなのかね、

ショックすぎる、

 

バイクが欲しい方は、在庫が無くならないように、

早く注文してくださいね。

 

みんなで、もっとバイク乗ろうぜ、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA