尾崎豊の盗んだバイクって何だったの!?

尾崎豊さんといえば、高校在学中にデビューし、

社会への反抗や反支配を語った、歌詞が多くの若者の心を共感させ、

若者のカリスマと呼ばれ、人気のミュージシャンでしたね。

デビュー曲の[15の夜]で

盗んだバイクで走り出すとの歌詞がありますが、

実際のバイクの車種が気になりますよね。

調べてみました。

15の夜

落書きの教科書と外ばかり見てる俺
超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる
やりばのない気持の扉破りたい
校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない
しゃがんでかたまり 背を向けながら
心のひとつも解りあえない大人達をにらむ
そして仲間達は今夜家出の計画をたてる
とにかくもう 学校や家には帰りたくない
自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている
15の夜

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま
暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に
自由になれた気がした 15の夜

本人の後日談では、

実際には14歳の時の話のようなのですが、

曲の歌詞の語呂で、15としたようです。

友達と家での相談をして、

バイクを盗んで走り出したとありますが、

盗んだバイクのモデルは

ヤマハのパッソルでした。

えー、もっとカッコイイバイク盗んだかと思った、、、、、

現実を知ってしまうと、なんだかガッカリですね。

まあ、確かに、中学生が、いきなり、

中型や大型バイクを運転出来るわけでは無いので、

やはり、きちんと、スロットルやクラッチ、ミッションなどの、

操作を練習しないと無理ですからね。

それに、パッソルは鍵が、キャシャで、すぐに、盗みやすかったようですけどね。

この現実はあまり知りたく無かったですよね。

尾崎豊も、中学生の時があったんだね~。

でも、バイクはぬすんでは、いけませんね。

現在でもレストアして、楽しんでいる方もいますね。

でもこのスクーター懐かしいな、

ちなみに、私はJOGに乗っていました。

こんな感じのです。

沢山、スクーターが溢れてた時代ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA